晩酌男爵♀のブログ

猫とワインと夫を愛する主婦の日常雑記

歌舞伎をもっと楽しもう!

きっかけは頂き物のチケット

中2から歌舞伎鑑賞をするようになり、ん十年。学生時代は、親のお知り合いから歌舞伎公演のチケットをいただける恵まれた環境でした。そのことがきっかけで歌舞伎ファンに。 桟敷席で観られたこともあったんですよ、わぉ!お知り合いの方にも、チケットを使わせてくれた親にも、本当に感謝します。ありがたやありがたや。

印象的な公演は

「二人桃太郎」は今の中村勘九郎さんの幼少時のデビュー作。ご兄弟お二人とも、かわいかったぁ~。そして、その勘九郎さんのお子様方の初舞台(今年)もこれまた「二人桃太郎」!お父様の時のような初初しさでした。親子二代の二人桃太郎。両方見られてわたしは幸せ者です。いやぁ、それにしても時の経つのははやいのぅ…。 ちなみに、好きな歌舞伎役者は女形中村七之助さん。中村勘九郎さんの弟君、お美しい~。 演目では、芝浜の皮財布などの人情話やあとは舞踊もいいですのぅ。

神ってるエンタメ「歌舞伎」

歌舞伎は芝居・音楽・衣装などの総合エンタテインメントです。また、落語や能・文楽と共通する演目が多いのも特徴。「芝浜」も落語で有名ですしね。いろんな芸能・芸術の要素が横断的に盛り込まれてる、歌舞伎はすごい。芸能串刺しシシカバブざます。これは味わわねば損ざますよ。

夫婦で歌舞伎鑑賞

現在は、チケットを自分で調達する環境です。するとどうでしょう。桟敷席から一転、あれよあれよと一幕見席へシフト。奈落へ落ちて⤵、天井桟敷へ上がってく⤴~(笑)。 夫とサクッと一幕楽しんで、その後は銀ブラが晩酌男爵家の歌舞伎レジャースタイルとなってます。

歌舞伎をより楽しみたくて…

長らく歌舞伎を楽しませていただいている、晩酌男爵♀。その鑑賞スタイルは、ただ観ておしまいでした。そろそろ、もっと「深掘り」して鑑賞したくね?。 もちろん、エンタテインメントとしてシンプルに「楽しい」「面白い」もおおいにアリですよね!

歌舞伎につながるエッセンス

歌舞伎公演を観るだけでなく、関連するセミナーも行ってみようかと。 頭でっかちになるのではなく、新たな視点を増やして多角的に鑑賞することで、楽しさの厚みが増すような気がするんですよ。 奥深い歌舞伎の世界に、いろんな方法でアプローチしてみたいわぁ。深すぎてどこまでいけるやらですけど。気負わず「あと一歩だけ前に進もう」かと。わはは。

いろいろ見つかる歌舞伎の講座

区民カルチャー(単発)で女形の役者さんのお話しが聞けると知り、申込みました。区内在住の歌舞伎俳優さんだそうです。 他に、伝統工芸の団体と歌舞伎や落語のコラボイベントも見つけましたよ! こういったセミナーだけでなく、着付けや茶道・踊りなど日本の伝統文化を「体感」して、歌舞伎につながるエッセンスを体に取り込むのも楽しそう!

雨の日も風の日も、の「一幕見席」

今後は歌舞伎に関してワンアップした晩酌男爵♀で、本公演を楽しみたいです。 銀座歌舞伎座の一幕見席は、劇場の外に並んで当日券を購入するシステム。ですので真夏・真冬はキツいんですよね~。猛暑の今は、歌舞伎のエッセンスの充電期間に充てます。秋になったら本公演を楽しみたいです。 今日も暑いなか、熱い歌舞伎愛で一幕見席の列に並ばれるみなさまがいらっしゃるかと思います。熱中症対策なさって、歌舞伎の世界を堪能されて下さい!。