晩酌男爵♀のブログ

猫とワインと夫を愛する主婦の日常雑記

横綱日馬富士関の「心・技・体」

大相撲九月場所

大相撲九月場所の優勝力士は、横綱日馬富士関でした。

今場所は、四横綱のうち三横綱が休場する中、ただ一人出場した横綱日馬富士関。

横綱としての重責に耐え、優勝を手にされたことを心から称えたい晩酌男爵♀です。

国技館で見た千秋楽

今場所の千秋楽、晩酌男爵夫妻は両国国技館での観戦でした。

正直わたしは日馬富士関のファンではなく。ゆる~くお相撲全般を観戦している程度です。今回3度目の国技館も、

1番の楽しみは 名物の焼き鳥で一杯やる くらいな軽さでした。

横綱の品格と気迫に魅了され…

そんな晩酌男爵♀が、

横綱の土俵入りを見て、自分でもおどろきなんですけど、感じたんです。 不知火型の下からせり上がる様が、

「あ、美しい」なぁ…。

その後の豪栄道関との

  • 千秋楽戦
  • 優勝決定戦

では、 日馬富士関の立合いに、これまたひきつけられまして。

深い蹲踞(そんきょ)になにかみなぎるもがある?。うーん、格好いい。

そして本日2度の取組に勝利した日馬富士関は9度目の優勝を成し遂げました!

インタビュー

優勝式でのインタビューからは

日馬富士関の

  • 今場所唯一の横綱というプレッシャーを苦しみながらも乗り越えた精神力
  • 優勝を意識せず取組ひとつひとつに真摯に取り組まれた人間性

をうかがい知ることが出来ました。

真の強さは「心・技・体」

  • 横綱のつとめを果たさんとする集中力
  • 日々の精進努力の賜である肉体
  • それらが土台にあって発揮される技

横綱の持つ「真の強さ」を日馬富士関に見せていただきました。

横綱日馬富士関、素晴らしい取組、ありがとうございました。

あらためて、優勝おめでとうございます!

市民のための環境公開講座 続きの続き

3回目の受講 

損保ジャパン日本興亜の環境公開講座 

「パート2 未来世代への メッセージ」 

いよいよ第3回め。今回が最終回

「本当の環境問題」です。 

テレビ出演もされている大学教授の先生がお話してくださいました。

本当の環境問題

わたしたち人類は、

  • 資源が増えれば人口も増え
  • 人口が増えればさらに資源が必要になって
  • その結果さらに人口が増える

という、 ポジティブフィードバック状態

そのことが

  • 資源不足
  • 自然環境の破壊

につながります。

つまり、

本当の環境問題は人口問題

なんです。

って、えぇ~?!

この問題に、どのようにアプローチしたらよいのでしょうか?

びっくり仰天!

問題解決のソリューションを書き連ねていこうかと思ったものの…

先生のお話が

あまりにも

かっ飛んで

というか

ぶっ飛んで

いたので

想定していた構成で

記事を作成するのは諦めました!

ほんまでっか?!

テレビ番組「ほんまでっかTV」で有名な先生。わたくし存じ上げず失礼いたしました。

大変エネルギッシュな講演から

晩酌男爵♀が感じたことは

  • 物事を多角的な視点で見る

    • 特に高い視点は抽象度を上げ、対象をより冷静に見つめられる
  • 溢れている情報の真偽のほどを検証してみる

    • 利害関係者によりバイアスがかかっているかも?!

シリーズの3回の受講を通して

わたしの

小さな日常は、

おっきな地球

の上で営まれていることを 実感しました。

それにしても、無知からくる振る舞いで

どんだけ地球や見知らぬ誰かに迷惑かけてきたんだろ、わたし…。

環境問題に関して

今後は、情報収集アンテナの精度を高めつつ行動していきます。

講師の先生、主催者さま、ありがとうございました。

oekakireiko.hatenablog.com

oekakireiko.hatenablog.com

マザーハウス

マザーハウスとは

途上国から世界に通用するブランドをつくる。

を企業理念とし、バッグを中心とした服飾雑貨を製造販売されている日本の企業です。

カンブリア宮殿

今月、テレビ東京系列「カンブリア宮殿」でマザーハウスを知りました。

番組では

  • 創業者(山口絵里子女史)の半生
  • マザーハウスの理念
  • 質の高い製品
  • 活動の成果とこれからの展望

などが紹介されました。

エシカル活動

番組を拝見して晩酌男爵♀は、マザーハウスエシカルな企業理念に共感しました。

エシカルとは、人、社会、地球環境、地域に配慮された消費行動やライフスタイルのことです。

(晩酌男爵がエシカル活動を知ったきっかけはこちらの記事をご参照ください↓)

oekakireiko.hatenablog.com

(マザーハウスの主な生産拠点はバングラデシュやネパールです。)

「そうだ、マザーハウスのショップに行こう!」

ショップ来店

という訳で晩酌男爵夫妻、マザーハウス初来店。都内の某ターミナル駅の駅ビル内です。

丁度夫のバースデープレゼントに、二つ折りのウォレットをさがしていたところです。

落ち着いた店内で、じっくりと商品をみることができました。また、ショップスタッフの方は、ていねいな接客をしてくださいました。

  • 皮革製品の

    • しっとりとした質感と柔らかさ
    • 微妙な色調
  • ストール

    • 多彩なデザイン
    • 味わいのあるネップ
  • ジュエリー

    • 繊細な細工
    • 個性的で有機的なデザイン

…特に皮革製品の手触りが心地よかったです。

そして、夫の気に入ったウォレットを購入。

ギフトラッピング(わたしから夫へのプレゼント)も素敵です。

本店や「はなれ」も行きたい!

次回はぜひとも「本店」やその隣の「はなれ」に行きたいです。

とくに「はなれ」ではストールの向こう側を体験できるコーナー(生産工程を知ることができる!)があるそうです。

息長く愛用できるマザーハウスの製品。

少しずつ生活に取り入れていけたらいいな。

市民のための環境公開講座 続き

2回目の受講

損保ジャパン日本興亜の環境公開講座

「パート2 未来世代への メッセージ」

続いては第2回め

スターバックスの倫理的なコーヒーの調達」です。

実はこの回に興味を持ち、パート2受講を決めたんです!。

というわけで、受講前から少しテンション高めの晩酌男爵♀。

第1回めの記事はこちらです↓

oekakireiko.hatenablog.com

スターバックス

スターバックスは言わずと知れた、シアトル系のコーヒーショップチェーン。

  • 美味しいコーヒー
  • 優れた接客
  • 居心地の良さ

が魅力で、わたしはのんびり過ごしたい時に利用しています。

コーヒーのテイスティングからスタート!

スターバックスジャパンのコーヒースペシャリストの方が今回の講師。

講座はコーヒーテイスティングから始まりました!おぉ、サプライズ~。

  • 香りを確かめ
  • コーヒーをすすり
  • 舌全体で味わう
  • 自分の言葉で味わいを表現する

(ワインのテイスティングを思わせます!)

そして講座は

  • コーヒーについて-栽培と加工法
  • スターバックスの倫理的な調達と持続可能性
  • 未来に向けて

のお話へと続きました。

倫理的なコーヒー調達のために スターバックス

「C.A.F.E.プラクティス」という独自の認証制度を設けているそうです。

これにより

責任を持って栽培され、倫理的に調達されたコーヒー

がわたしたちのところへやってきます。

(プレスリリースにも載っていますが、スターバックス

持続可能で倫理的なコーヒー豆の購買率99%を2016年度も達成した

そうです!)

スターバックスの倫理的なコーヒーの調達に関しまして、詳しくはスターバックスジャパンのホームページをご参照されることをすすめします。

スターバックスがますます好きに

講師の方のコーヒーに対する愛情が、熱く伝わってくる講座でした。受講を通じて、今まで以上にスターバックスのファンになっちゃいました。

倫理的に調達されたコーヒーをいただきながら、今回の学びを大切な人達とシェアしたいです。

有意義な講座を開いてくださった、講師の先生・主催者様に感謝いたします。

コーヒー物語

(今回の受講で感じた思いを綴りまする…)

一杯のコーヒーが

供されるまでには

長いストーリーがあり

関わる人びとは皆

その物語の主人公

おいしくいただく

わたしのパートが

最終章かと思いきや

豆のカスは飼料・肥料となり

次の一杯につながっていく…

なんと果てしないコーヒー物語

カップの湯気に

無限のループ

見えてきませんか?

ぶどうの丘

甲州市「ぶどうの丘」

晩酌男爵夫妻、山梨県ぶどうの丘に行ってまいりました。 ここは甲州市の公営施設で、

  • ぶどう畑が見渡せる展望台
  • 温泉(露天あり)
  • 地下のワインカーヴ
  • ホテル
  • レストラン

などを備えています。今回晩酌男爵夫妻はこちらで一泊いたしました。

有料試飲

わたしたちの一番のお目当ては、

地下のワインカーヴでの有料試飲 です。

(甲州市勝沼といえば、「ワイン」ですもの~。ぶどう品種としては甲州」「マスカットべーリーA」が有名。)

利用方法は、

  • 受付でタートヴァンを購入(1100円) (金属製の銀色のきき酒杯。これを手にしてるだけで自分がになった気がして、気分が上がります~。)
  • 地下のワインカーヴに降りて好きなだけ試飲(赤・白・ロゼ合わせて200種類ほどの地元ワインが用意されています)

  • 気に入ったワインは購入可能

カーヴ内はお客様でにきわっていました。

がんばれ「日本ワイン」!

さすがに全種類は無理でしたけど、数多くのワインをテイスティングしました。

晩酌男爵♀は中でも、 無濾過でにごりの白ワインが美味しゅうございました。

甲州市一帯だけでも、こんなに沢山の種類のワイン(カーヴにあるのはあまたある種類の一部分)が造られていたことに驚きましたわ~。

当日先にシャトーメルシャンでワイナリー見学をした影響が大きいのですが。 今回の旅行で、日本ワインに感心と愛着が芽生えてきました

※日本ワイン…日本産のブドウが100%使用されたワインのこと。偶然にも今年は日本ワインづくり140周年に当たるそうです!

温泉もお食事もよかった~

  • まろやかで熱すぎない温泉でからだをほぐし
  • レストランでは甲府盆地の夜景と美味しいコース料理を堪能

あぁまさに「お命の洗濯」。しかも、「全自動で柔軟剤入り」ざます。

きっかけは「ふるさと納税

今回の旅行は、夫がふるさと納税の返礼品」(食事付き宿泊券)を利用して企画してくれました。

結婚記念日を素敵に演出してくれた、わが夫に感謝です。

月日の経つのは早いもの。もはや新婚とは言えなくなってきたなぁ…。

シェアする落語

三遊亭わん丈さん

晩酌男爵夫妻、

「シェアする落語第18回」

に行ってまいりました。

出演の噺家三遊亭わん丈さんです。

三遊亭わん丈さんは今、赤丸急上昇(古いか…)の二つ目の噺家さん。

わん丈さんを知ったきっかけはテレビ番組「ミッドナイト寄席」。以来夫婦でわん丈さんが気になっていました。

そして、この度夫がこの寄席のお席を手配してくれまして。ついにわん丈さんをライブで堪能できましたぁ。

わん丈さん登場!

お噺3つに加えて「撮影タイム」!もあり、なんとも贅沢な会でしたよ。

  • マクラよし(延々聴いていたいくらい!)
  • 新作よし(2つ新作を聴かせてくださいました)
  • 古典よし(井戸の茶碗でした)
  • 撮影タイムはここでは書けない(?)サービスが!

わん丈さんのお噺は、ノリがよくて引き込まれてしまいます!晩酌男爵夫妻お腹の底から笑えました~。

アットホームなサイズの会場で、大変近くでわん丈さんのお姿とお噺を堪能できました!

そのためですかねぇ。わん丈さんと目が合うような錯覚を覚えるほどの近さでドキッとしちゃいましたわ。

(ミュージシャンのライブに例えますと、「わたし目がけてピックが飛んできてる~」って自惚れちゃうアレです。)

是非また寄席でお会いしたいです~。

もちろんちゃんと夫と二人で行きますよ~(念のため)。

三遊亭わん丈様、主催者様、楽しい寄席をありがとうございました!

わん丈さんのお姿を

SNSにアップしてよろしいとのことでしたので、わん丈さんの写真をあげさせていただきます。(「シェアする落語」というだけありますね。太っ腹。)

f:id:oekakireiko:20170909230555j:plain

会場の深川モダン館について

会場は清澄白河の深川モダン館。レトロでおしゃれな建物は、かつては食堂だったそうです。内部は素敵なタイル装飾が施されています。

一見の価値ありです。

100円でいただけるドリップコーヒーが、美味でしたよ。

市民のための環境公開講座

歴史ある市民講座

損保ジャパン日本興亜の環境公開講座

「パート2 未来世代への メッセージ」 の第1回め

エシカルな選択が未来を変える~私たちの役割~」

に参加しました。

(損保ジャパンの市民講座はなんと今までに1万9千人ものかたが参加しているそうです!歴史があるのですね。)

エシカル」とは?

講座のご案内によりますと

エシカルとは、人、社会、地球環境、地域に配慮された消費行動やライフスタイルのこと

だそうです。

お話は消費者の「権利」ではなく「責任」について、服飾産業を例にご説明くださいました。

モノの向こうに人がいる

わたしたちが安価にモノを手に入れ、豊かに暮らしている一方で

  • 劣悪な環境での労働
  • 低賃金
  • 児童労働
  • 環境破壊

に苦しむ人たちがいることに気づかされました。

またお話の中には、すでに知っていたはずなのにわたしが注意を払わずスルーしてしまっていたことも含まれていました。

今回の講座参加は

問題を再認識して向き合うよい機会になりました。

消費者としてできるアクション

このような不公平・不平等・アンバランスは当然あってはならないこと。

講座ではこの問題を解決するための方法が、たくさん紹介されました。

などです。

ひとりひとりのアクションが世界を変える

晩酌男爵家では、フェアトレード食品から取り入れていきたいです。

(以下、今回の晩酌男爵♀なりの気づきと学びです。)

だれかのフシアワセ

とのひきかえによる

わたしのシアワセ

はありえない

ひとりひとりの

ちょっとずつの

思いやりのアクションは

いつしか大きなうねりとなり

善き循環が地球をめぐる

みなで今

この星に

生きていることに

ありがとう

あなたもわたしも

地球人