晩酌男爵♀のブログ

猫とワインと夫を愛する主婦の日常雑記

東京芸術大学奏楽堂モーニングコンサート

芸大でコンサート鑑賞

魂に滋養を!

4月26日。 その日はオフでした。

心がいささかかさついていたので、 起きぬけに当日間に合う クラシックコンサートをググりました。

(発作的!)

東京芸大奏楽堂モーニングコンサート

ホムペによると当日券あり。

上野なら間に合うかな?と、マッハで着替えて出発。

芸大敷地内の建物前の行列に加わり、 無事チケット取れました!

学生さんの演奏によるコンサート

芸大のモーニングコンサートは、 芸大の学生さん(各回2名)の演奏が楽しめるコンサート。

本年度は13回公演予定。 今回は今年度第1回めです。

なんかそれだけでもラッキーちゃん。

ファンタスティックな1時間

今回は

の演奏が楽しめました!

音楽に疎いわたしですが、 生の演奏は体で聴けて心地よいです。

特にバイオリンの スペイン交響曲

民族的な調べは、今もアタマの中に残ってます。

バイオリンの技巧を駆使した演奏は、かっこい!聴いていて、ハートが「ぽっぽ」してしまいました。

作品を流れる調べ ハバネラ は、なんとキューバがルーツであることを後でググッて知りました。びっくり。

お得です

このような機会が、 当日券1000円で得られるなんて素晴らしい!

東京芸大さま太っ腹です!ありがとうございます。

お近くの方にはおすすめのコンサートです。

触媒されて

思い切ってパジャマから着替えて、 ホントよかった。

また行きたいなぁ。

楽器演奏への憧れも再び萌えてしまいました。 「ちんとん」の練習(単に自宅で自己流)も再開です。

PCでお絵描きしていても、 色彩が塗り絵のようにかたちに収められるのを、イヤンイヤンしています。

音楽ってすごいなぁ。

明日を迎え撃つ

f:id:oekakireiko:20180422203723j:plain

サザエさんシンドローム

日曜の夕暮れ。明日からの仕事や学校を思い、やるせないゾーンに入っちゃう向きも多いのでは。

いっそのこと、明日から被るストレスを「先取り」で解消しちゃうのはいかがでしょうか。

日曜の2大演芸番組

晩酌男爵家では、

  • 笑点(日テレ)
  • 浅草お茶の間寄席

を見て翌日の仕事に備えます。

三遊亭小遊三師匠

本日の浅草お茶の間寄席は、 三遊亭小遊三師匠。 笑点といい、すっかり「小遊三Day」でした。

そして、師匠の味のある風貌を拝見してたらムラムラしまして…。

描いてしまいましたぁ。

  • 落語で笑って
  • お絵描きして

これが次の1週間を乗りきるための、ルーティーンざます。

カーヴス的?自由時間の使い方

ライフスタイル激変?

この春から 私のお仕事は、実質フルタイムだったのが週4に。

つまりお休み週3日なんです!

しかも、週末夫は所用で基本外出 となりました。

降ってわいた自由時間!

今までの、ばたばたした慌ただし日々が嘘のよう…。

実家通いや家事に時間を充てても、まだまだ余裕~。 なんとありがたい境遇でしょうか!

有閑マダム?

今までセーブしてた

  • お絵かき
  • チントン(小型三味線)
  • ブログ
  • 読書
  • 英語学習

いろいろ…。

はて、どれから手を付けましょうか。

優先順位がつけられない~

優柔不断でして。なにかひとつ、じっくり取り組むことが出来ん!

こうなりゃ、何もかもちょっとずつかじるしかないわ。

とある日曜の時間割

タイムテーブルとしては、毎正時にメニューを変更。各コマ内で、実質小一時間のアクティビティーを繰り広げることにしました。

本日は

  • 二度寝のお供に読書。(ワインのお勉強?に「神の雫」)

  • チントンの練習(YouTubeで三味線のバチの握り方をはじめて知りました。今までの練習がいかにテキトーだったか、反省。)

  • 昼のちょいのみ(夕べの残り物をつまみに、テーブルワインの赤をグラス一杯だけ。自分ひとりのためにワイングラスを使うなんて…。(エセでもセレブな気分だわさ))

  • 海外ドラマ鑑賞(CSI)

  • お絵かき(後でインスタにアップしよ~。)

  • ブログ更新(粋がってカフェのテラス席を選ぶ)

…女性専用スポーツジム「カーヴス」の、各メニューちょっとずつまわす、あの方式です。

ちなみに、カーヴス経験はありませんのよ。

テキトーでたのしいをゆるす

当初、 「時間があるなら、何か結果出さなきゃ」 「資格とろうかしら(何のだっ?)」

と、自由を与えられたら与えられたで 罪悪感にさいなまれていました。

我ながら、どんだけ自虐的な思考回路なんだろう。

このライフスタイルがいつまで続くかはわかりませんが

  1. ひとりの時間を、生産性にとらわれずに過ごす!

  2. リフレッシュした自分で、笑顔で夫を出迎える!

をモットーに過ごしてみます。

三井家のお雛様

三井記念美術館

日本橋三井タワーの三井記念美術館で、姉とふたり「三井のおひなさま展」を見てきました。

三井家の3人のご息女縁の雛人形の他、能や茶道にまつわるコレクションもあり充実の展示でした。

お雛様のお顔だちはそれぞれ個性に満ちており、なかにはかなりの「イケメンお内裏様」も!

旧家の教養

お雛様一体一体も素晴らしかった。

ですがそれ以上におどろいたことがあります。

それは、家柄がよろしい方々にとっては お茶やお能などの教養や日本の歳時記を体感することが

ごくごくごく当たり前 だと言うこと。 軽~く衝撃。

私なんぞは 「そのうち カルチャースクールのワンデーレッスンで 茶道をかじりたいな~」

とか

「一遍くらい和装で能を鑑賞したいな~」

とか

「日本文化のお味見願望」が渦巻いているわけで。

外付け、建て増しの教養だなこりゃ。

日本を知りたい日本人です

とっかかりは カルチャー体験でも、好きが高じて行ったら自分の血肉たる教養になっていくかな~。

展覧会の最後に、ミュージアムショップに寄りました。おひな様の写真がデザインされたチロルチョコをおみやげに買いました!

そうそう、オリジナル包装のチロルチョコ、作れるんですよね。 私も自分の(ポートレイト写真ではありませぬ)イラスト作品でトライしようかな。

外耳炎

耳掻きのやり過ぎ

お風呂上がりの綿棒、お耳の中をくりくり~。「チョー気持ちいーぃ!」と、いい気になっていたところ。

そのうち右耳の中から謎の体液がしみ出してきました。それがやがて乾燥し、右耳の中ががびがびに!

さらにそれを無意識にいじってしまい、じゅくじゅくとがびがびの無限ループに入りました。

ま、まずい!

ちなみに晩酌男爵は右利きです、そのため右耳ばかりいじりましてこのような事態になりました。

自力で治そうと

まずは市販薬で何とかしようと、ググりました。「パピナリン」というお薬は見つかるものの、Webでもリアルでも店頭品切れ。

どうやらメーカー工場移転の関係で、現在製造中止とのこと。

次にドラックストアの薬剤師さんに、マキロンで殺菌する処置を教えてもらうも、かんばしくない。

耳のお隣は「脳」じゃないですか!

むかーし見た映画で、中耳炎の男が最後にはアタマがヤバくなって火を放つシーンあったなぁ。

(映画「バートンフィンク」)

やっぱり病院行こう!

耳鼻科

発症から1ヶ月後、耳鼻科の門を叩く。

  • 耳の洗浄
  • 抗菌剤の処方
  • 点耳薬の処方

ドクターからは 「耳垢は自然と体外に排出される仕組みです。ですから、普段からよほどのことが無ければ綿棒を使う必要なし。」 と、教えていただきました。

湯上がり後に、口半開きで耳掻きに興じ、耳垢の排出機能に必要なうぶ毛を根こそぎ除去してしまった自分の愚かさに泣けます。

耳掻きマニアの皆様、どうぞお気をつけて。

お知り合いの方は、綿がぷっくりしている綿棒で、いたわるように耳掃除をするそうな。

現在も通院中

1回の受診と処方では、完治せず。 いつまで続くんだろ、ぐすん。

そういえば、いただいた診察券の性別欄に「M」の文字。

私: 「あの~このMって、男性のことですかぁ?」

受付のお姉さん: 「あ、失礼しました!すぐに作り直しますね。」

私: 「ひょっとしてサイズだったりします?それならLかもしれません。」

受付のお姉さん: 「違います。サイズではありません。」

…忙しい受付のお姉さんに、かまってちゃんしちゃいました。ごめんなちゃい。

バーニャカウダにゃ~

サラダに飽きました

家族の健康にと、野菜たくさんとりたいのはいずこの主婦にもあるあるなテーマ。 だからといって直球勝負で生野菜プラスドレッシングを続けていたら、夫より先に私が飽きてしまいましたよ(笑)!

お手軽なバーニャカウダ

そこで目をつけたのが「バーニャカウダ」ですわ。 ニンニクとアンチョビが効いた温かなソースを付けて野菜をいただく、イタリアの前菜だそうです。

下ごしらえはお好みの野菜を

  • 生のまま
  • ロースト
  • 蒸す
  • 茹でる

くらい。 これをスクウェアなプレートに盛りまして、ココット型なんぞに用意した温かなソースと共に出す。 ソースは当然市販品(笑)!

おかげさまで、

  • 野菜を美味しくたくさん食べられる
  • 食卓が華やかになる
  • 夫が喜ぶ

の、いいことずくめです!

普段の食事があまりにも手抜きなので、その「レバレッジ」が効いて、バーニャカウダで喜ぶ夫…。も、申し訳ない…。 妻を「インスタ映えするカリスマ主婦」とでも錯覚してやってくれい~。

ソースもいろいろ

品揃えの良いスーパーを見て回ると、様々なメーカーのバーニャカウダソースが見つかります。

温めずにディップとして使うタイプもあるんですね。あ、これ楽そう。てか、ホントどこまで手を抜きたいんだ私は。

ちなみに晩酌男爵家での一番人気バーニャカウダ野菜は「蓮根」です。乱切りにして軽く蒸し、オーブントースターでローストしてます。シャキシャキな食感が楽しめますよぉ。あと、パプリカが彩り鮮やかで、目にも美味しいです。

やみつきバーニャカウダ

バーニャカウダは、食事の栄養プラスに大貢献してます。晩酌もヘルシーになりますしね! バーニャカウダ未踏の方、試されてはいかがでしょうか?

横綱日馬富士関の「心・技・体」

大相撲九月場所

大相撲九月場所の優勝力士は、横綱日馬富士関でした。

今場所は、四横綱のうち三横綱が休場する中、ただ一人出場した横綱日馬富士関。

横綱としての重責に耐え、優勝を手にされたことを心から称えたい晩酌男爵♀です。

国技館で見た千秋楽

今場所の千秋楽、晩酌男爵夫妻は両国国技館での観戦でした。

正直わたしは日馬富士関のファンではなく。ゆる~くお相撲全般を観戦している程度です。今回3度目の国技館も、

1番の楽しみは 名物の焼き鳥で一杯やる くらいな軽さでした。

横綱の品格と気迫に魅了され…

そんな晩酌男爵♀が、

横綱の土俵入りを見て、自分でもおどろきなんですけど、感じたんです。 不知火型の下からせり上がる様が、

「あ、美しい」なぁ…。

その後の豪栄道関との

  • 千秋楽戦
  • 優勝決定戦

では、 日馬富士関の立合いに、これまたひきつけられまして。

深い蹲踞(そんきょ)になにかみなぎるもがある?。うーん、格好いい。

そして本日2度の取組に勝利した日馬富士関は9度目の優勝を成し遂げました!

インタビュー

優勝式でのインタビューからは

日馬富士関の

  • 今場所唯一の横綱というプレッシャーを苦しみながらも乗り越えた精神力
  • 優勝を意識せず取組ひとつひとつに真摯に取り組まれた人間性

をうかがい知ることが出来ました。

真の強さは「心・技・体」

  • 横綱のつとめを果たさんとする集中力
  • 日々の精進努力の賜である肉体
  • それらが土台にあって発揮される技

横綱の持つ「真の強さ」を日馬富士関に見せていただきました。

横綱日馬富士関、素晴らしい取組、ありがとうございました。

あらためて、優勝おめでとうございます!